FC2ブログ

球団日誌(2冊目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • コメント(-)

3・21春ソフト

第1試合
   12345 R
新宿03100 4
R’s01100 2

●隆司1敗

1.小 川(捕→途中帰宅)
2.隆 司(投)
3.はせどん(DH)
4.YORI(中)
5.YOICHI(左)
6.ガ ン(DH→捕)
7.佐藤祥(三)
8.まゆこ(DH)
9.KEIKO(DH)
10.白鳥め(DH)
11.佐伯恵(DH)
12.しまたけ(遊)
13.加藤義(二)
14.木 戸(一)
15.鈴木郷(右)
16.村 上(DH)
17.雨 宮(DH)
18.DAIGO(DH)

<マネージャー>
YUKI
高橋麻実

 今シーズンの開幕戦は、前日からの強風と雨の影響で試合開始を2時間遅らせ、11時30分から4試合を開催した。
昨シーズンを5勝10敗で終えたR'sは、新戦力として木戸・鈴木郷を補強して試合に臨んだ。
R's先発の隆司は2回に連打を浴び3失点。その後は緩急をつけ1失点にとどめたものの、打撃陣が相手エースに苦戦した。
4点を先行されたR'sは、KEIKO、木戸の適時打で2点差に詰め寄ったが、
4回裏1死1,2塁の好機で、YOICHIの痛烈なライナーがショート正面を突き、2塁走者の隆司が帰塁できず併殺。
接戦をものにできず初戦を落とした。


第2試合
   12345 R
R’s51010 7
新宿11120 5

○雨宮1勝

1.白鳥め(DH)
2.佐伯恵(DH)
3.しまたけ(遊)
4.加藤義(DH)
5.木 戸(DH)
6.鈴木郷(右)
7.村 上(一)
8.雨 宮(DH→投・3回から)
9.DAIGO(DH)
10.隆 司(DH)
11.はせどん(二)
12.YORI(中)
13.YOICHI(左)
14.ガ ン(捕)
15.佐藤祥(三)
16.まゆこ(投→途中帰宅)
17.KEIKO(DH)

 R'sは初回、白鳥めの内野安打としまたけ以下の5連打で一気に5点を先取。
3点差に迫られた4回には、加藤義の本塁打で粘る新宿を突き放した。
打線の援護を受けたR'sは、まゆこ-雨宮のリレーで逃げ切り、今シーズン初勝利を挙げた。


第3試合
   12345 R
新宿10070 8
R’s00050 5

●はせどん1敗

1.YOICHI(DH)
2.ガ ン(DH)
3.佐藤祥(DH)
4.KEIKO(DH)
5.白鳥め(DH)
6.佐伯恵(DH)
7.しまたけ(遊)
8.加藤義(二)
9.木 戸(一)
10.鈴木郷(右)
11.村 上(左)
12.雨 宮(捕)
13.DAIGO(DH)
14.隆 司(三)
15.はせどん(投)
16.YORI(中)

 第3試合は初回に新宿に1点を先制された後、膠着状態に。
試合が動いたのは4回、打順が一巡しタイミングが合ってきた新宿に連打を浴び7失点。
その裏、YORI、YOICHIの適時打、佐藤祥の3ランでようやく5点を返すも時すでに遅し。
5回は3者凡退で抑えられ、2敗目を喫した。


第4試合
   12345 R
R’s12220 7
新宿00030 3

○隆司1勝

1.木 戸(一)
2.鈴木郷(右)
3.村 上(DH)
4.雨 宮(DH)
5.DAIGO(DH)
6.隆 司(投)
7.はせどん(DH)
8.YORI(中)
9.YOICHI(左)
10.ガ ン(捕)
11.佐藤祥(三)
12.白鳥め(DH)
13.佐伯恵(DH)
14.しまたけ(遊)
15.加藤義(二)

 R'sは11安打に相手失策を絡め4回までに7得点。
投げては隆司が球威を武器に危なげないピッチングで完投。
この日の対戦を2勝2敗のタイとした。


<タイトル>
首位打者 木 戸 .800
本塁打王 加藤義  1
       佐藤祥  1
打点王  佐藤祥  3
       YORI   3
最多勝  雨 宮 1勝
       隆 司 1勝

MVP 加藤義(Rockwell's)
(本塁打とセカンドで逆シングルのファインプレー)
MVP賞 銘入りワイン

IMG_0383_edited-1.jpg
新宿ビッグマウス・竹好監督からMVP賞授与。

IMG_0386_edited-1.jpg
完全変態のMVP。

IMG_0389_edited-1.jpg
集合写真。

2010032507170000.jpg
MVP賞のワイン。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。