FC2ブログ

球団日誌(2冊目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • コメント(-)

8・23夏ソフト

恒例の夏ソフトは、幸い雨の予報が外れ、1日で7試合を開催した。
ルールはスローピッチルールでゴムボールを使用。時間短縮のためカウントは1-1からスタートとした。
対抗戦は、新メンバーが加わり層が厚くなった新宿ビッグマウスがR’sに3勝1敗2分で勝ち越した。
その後、両チームのメンバーをシャッフルして試合をして、チーム同士の交流を図った。


第1試合
   12345 R
新宿20000 2
R’s10001 2

P:太田

1.入 江(三)
2.前 田(遊)
3.岩 田(一)
4.石塚洋(左)
5.有村哲(二)
6.嶋 田(中)
7.太 田(投)
8.秋 庭(右)
9.石塚慶(DH)
(捕手は相手チームより)

 この日は石塚洋を4番に据えて新宿戦に臨む。
 先発太田は、初回こそ失点したものの、先週の投げ込みの成果を見せ、制球よく2失点完投。
 打線は、1点差で迎えた最終回、左越え3塁打の前田を石塚洋が中前適時打で返すも、後続が続かず同点どまり。 5回7残塁と決定打を欠いた。


第2試合
   12345 R
R’s10400 5
新宿2333X 11

P:●入江 1敗

1.入 江(投)
2.前 田(遊)
3.岩 田(一)
4.石塚洋(左)
5.有村哲(二)
6.嶋 田(中)
7.太 田(三)
8.秋 庭(右)
9.石塚慶(DH)
(捕手は相手チームより)

 本人いわく「半年ぶりの運動」の先発入江が初めてのスローピッチの投球に苦戦し、11失点。
 打線は助っ人の市川、石塚慶などが走者を返すが、5点どまりで爆発とまではいかず。
 石塚洋が3打数3安打1打点とひとり気を吐いた。


第3試合
   12345 R
新宿03000 3
R’s00000 0

P:●太田 1敗

1.入 江(三)
2.前 田(遊)
3.岩 田(一)
4.石塚洋(左)
5.有村哲(二)
6.嶋 田(中)
7.太 田(投)
8.秋 庭(右)
9.石塚慶(DH)
(捕手は相手チームより)

 打線は元気なく失策、四球の出塁のみで、相手先発、篠崎にノーヒットノーランを喫する。
 2回以外は無失点にまとめた好投の太田を援護できなかった。


第4試合
   12345 R
R’s00201 3
新宿00000 0

P:○入江 1勝1敗

1.入 江(投)
2.前 田(中)
3.岩 田(一)
4.石塚洋(左)
5.有村哲(二)
6.嶋 田(遊)
7.太 田(三)
8.秋 庭(右)
9.石塚慶(DH)
(捕手は相手チームより)

 昼食休憩後の4試合目。前田、嶋田の守備位置を変えた布陣で試合に臨む。
 打線が点を取れないならばと、入江が午前中の投球を修正し、新宿打線を見事完封。
 打っては、3回に有村哲、嶋田の連続適時打で先制、5回には石塚洋が3塁打の当たりを強引に本塁へ突入。結果的に相手の送球ミスで加点し、逃げ切った。


第5試合
   12345 R
新宿01020 3
R’s20100 3

P:太田 1敗

1.入 江(三)
2.前 田(中)
3.岩 田(一)
4.石塚洋(左)
5.有村哲(二)
6.嶋 田(遊)
7.太 田(投)
8.秋 庭(右)
9.石塚慶(DH)
(捕手は相手チームより)

 1回裏、R’sは太田のレフトゴロなどで2点を先取、3回にも秋庭の押し出し四球でリードを広げた。
 太田が4回表に同点に追いつかれ、最終回にも得点できずこの日2試合目の引き分けとなった。


第6試合
   12345 R
R’s01000 1
新宿00400 4

P:●入江 1勝2敗

1.入 江(投)
2.前 田(中)
3.岩 田(一)
4.石塚洋(左)
5.有村哲(二)
6.嶋 田(遊)
7.太 田(三)
8.秋 庭(右)
(捕手は相手チームより)

 先発入江は第4試合に続く好投で1点に抑えるが、攻撃は淡白な攻撃を繰り返し、8安打2四球でたったの1得点。小粒な打線では単に打って走るだけでは得点につながらない。
 こういった試合を勝つための、走者を進める打撃、試合展開を考えた走塁など、頭を使ったプレーが今後の課題として浮き彫りになった。


第7試合(両メンバーをシャッフル)
グーチーム 4-1 パーチーム

 同点で迎えた5回表、グーチームは生江の三塁ゴロがエラーを誘い好投の古賀から勝ち越しに成功。
 投げては篠崎、太田、入江がそれぞれ2、2、1イニングを抑え、グーチームが勝利した。


<タイトル>
首位打者 石塚洋 .588
本塁打王 該当者なし
打点王  有村哲  3

MVP  生江(新宿ビッグマウス)
(第4試合の好守でノーヒットノーランを演出、第7試合の決勝打など打でも活躍)
スポンサーサイト



コメント

お疲れ。
相変わらずの貧打っぷり。
こっちも戦力補強したいところ。
本塁打王該当者なしはさびしい。

と、嘆いてみる。

  • 2008/08/26(火) 00:54:13 |
  • URL |
  • B.B #r7OaAMdA
  • [ 編集 ]

相手がよく守ったのもあるけども、6試合で14点だから1試合平均2点台・・・
うちもきっちり守っているだけに惜しい。

  • 2008/08/27(水) 00:32:50 |
  • URL |
  • しまたけ #3v9IlUEY
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rockwells.blog6.fc2.com/tb.php/138-7e518262
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。