FC2ブログ

球団日誌(2冊目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • コメント(-)

11・8秋ソフト

第1試合
   12345 R
R’s10201 4
新宿03010 4

△隆司

1. 中 尾(遊)
2. 柄 澤(二)
3. 加 藤(三)
4. 石 川(中)
5. 木 戸(左)
6. しまたけ(捕)
7. YOICHI(一)
8. 隆 司(投)

昨日までと変わって肌寒い朝を迎え、雨が降ったりやんだりする悪天候の中の1日になった。
初回、相手先発のふみひとから満塁のチャンスを作るとしまたけの遊安の間に1点を先制。
逆転された3回には加藤の中安、初参加の石川の右中間3塁打、木戸の左犠飛で2点を取って同点に追いつく。
1点勝ち越された最終回、中尾の四球、加藤の左安で作った二死1,2塁のチャンスに石川の強い当たりが遊撃のエラーを誘い同点に追いつく。続く木戸は二ゴに倒れ勝ち越しはならずも、隆司が裏をゼロで締め、初戦を引き分けで逃げ切った。


第2試合
   12345 R
新宿00101 2
R’s4202X 8

○隆司 1勝

1. しまたけ(捕)
2. YOICHI(一)
3. 隆 司(投)
4. 中 尾(遊)
5. 柄 澤(二)
6. 加 藤(三)
7. 石 川(中)
8. 木 戸(左)

連投の隆司は初回をゼロで抑えると、その裏相手先発のエースから安打、失策で作った一死1,3塁のチャンスから
中尾の右安、柄澤の三安、石川の中安で4点を先制。
2回には中尾の中安、加藤の一安で2点、4回には石川の右中間2塁打で2点を追加する。
隆司は大量援護に守られ危なげなく完投し、今季初勝利を挙げた。


第3試合
   12345 R
R’s20002 4
新宿30010 4

△YOICHI

1. 隆 司(捕)
2. 中 尾(中)
3. 柄 澤(左)
4. 加 藤(一)
5. 石 川(二)
6. 木 戸(三)
7. しまたけ(遊)
8. YOICHI(投)

3試合目も初回に先制する。左安、失策の後、柄澤の遊失の間に1点、しまたけの二安で1点を取る。
その裏に逆転され2点差で最終回を迎えるが、粘りを見せた。
完投目前のふみひとから加藤、石川、木戸の三連打の後、しまたけは投ゴに倒れた1死満塁から、
今日ここまで無安打のYOICHIが起死回生の右前2点適時打で同点に追いつく。
なおも1死1,2塁のチャンスが続くが、隆司は二飛、中尾の流し打ちの打球はこの日再三の好守を見せた二塁手古賀に阻まれ勝ち越しはならず。
その裏、YOICHIは無死満塁のピンチを招くが、後続を内野フライ、三振、遊ゴに抑え、引き分けをもぎとった。


第4試合
   12 R
新宿105 15
R’s36 9
時間切れノーゲーム

隆司

1. 柄 澤(捕)
2. 加 藤(二)
3. 石 川(一)
4. 木 戸(遊)
5. しまたけ(三)
6. YOICHI(左)
7. 隆 司(投)
8. 中 尾(中)

初回、タイミングの合ってきた相手打撃陣に隆司が捕まる。失策も重なりまさかの10失点。
その裏、エースからしまたけの中安、YOICHIの二ゴ、中尾の遊安で3点を返すと、
突き放された2回裏にも石川からの5連打の後、柄澤の左越え3点本塁打で6点を奪い返す。
さあ今度は守りで、と意気込んだところで15時50分になり、時間切れノーゲームに。
3回表が終われば試合が成立したことから、結果的に2回裏の攻撃で時間を使ったことでノーゲームに持ち込めた。
人数が足りない中、接戦をものにして1勝2分けで初の無敗、初の勝ち越しの結果に。
なお、7歳になった石塚遥貴がこの日初めて打席に立ち、参考記録ながら初安打を記録した。


<タイトル>
首位打者 しまたけ .889
本塁打王 柄 澤 1
打点王  YOICHI 5
     石 川 5
最多勝  YOICHI 1

MVP 石川(R's)
初助っ人で8安打5打点の活躍
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rockwells.blog6.fc2.com/tb.php/165-d771a333
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。