FC2ブログ

球団日誌(2冊目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  • コメント(-)

9・17秋ソフト

第1試合
   12345 R
R’s00001 1
新宿0602X 8

●隆司 1敗

1. YOICHI(一)
2. YORI(遊)
3. しまたけ(左)
4. 木 戸(中)
5. 加 藤(右)
6. イマジン(三)
7. 隆司(投)
8. ゆうき(二)

昨年試合の機会を5度流し、約2年ぶりの開催となった。
11時からのグラウンドは午前中は最高気温29度の蒸し暑い日差し、午後は一転して曇天の中の試合だった。
先発の隆司はひさびさの登板にも関わらず落ち着いた制球で初回を抑えた。
2回裏、野手の間を抜ける連打と左翼のエラーなどが続き、6失点。
打って返したいところだが打線は相手先発ふみひとを打ちあぐね、
最終回に木戸の二塁内野安打で1点を返すのが精いっぱい。5安打完投を許した。
2回の大量失点が重くのしかかり初戦を落とした。


第2試合
   12345 R
新宿12000 3
R’s0320X 5

○YOICHI 1勝

1. 服部史(捕)
2. 隆司(三)
3. ゆうき(二)
4. YOICHI(投)
5. YORI(遊)
6. しまたけ(左)
7. 木 戸(中)
8. 加 藤(右)
9. イマジン(一)
10.ガ ン(DH)

昼食をとって14時前に第二試合開始。
YOICHIは初回、2回に打たれるも、バックの好守で盛り立て計3失点で切り抜けた。
2回裏、相手先発のこがから2失策でもらった1死1,2塁のチャンスにイマジンのセンターへの2点適時2塁打、試合前にぎりぎり駆け付けた服部史が左安でつなぎ、隆司の中前適時打で同点に追いつく。
3回裏からはエースに交代したが、YOICHIの2塁打でチャンスを作り、加藤が四球でつないだ後、イマジンの痛烈なレフトライナーがエラーを誘って1点、ガンが左前適時打で続き2点を勝ち越した。
このリードを無失点で守り抜き、今季初勝利を手に入れた。


第3試合
   12345 R
R’s00000 0
新宿60000 6

●隆司 2敗

1. ゆうき(DH)
2. 木 戸(中)
3. 加 藤(右)
4. イマジン(捕)
5. ガ ン(一)
6. 服部史(二)
7. 隆司(投)
8. YOICHI(三)
9. YORI(遊)
10. しまたけ(左)

初回、先発の隆司が6失点。「1イニングだけなんだけど」…との言葉の通り、2回以降は無失点に抑える。
打線はふみひとから点を取りたいところだが、イマジン、隆司、木戸、YORIにゆうきの温情の左安を加えて5安打のみ。
2回に二死1,2塁、3回には二死満塁のチャンスを作るも一本が出ず、完封負けを喫した。
4回以降は外野フライが3本あったが今一つ捉えきれなかった。


第4試合
   12345 R
新宿00610 7
R’s50020 7

●隆司 3敗

1. ゆうき(DH)
2. 加 藤(右)
3. イマジン(二)
4. ガ ン(一)
5. 服部史(捕)
6. 隆司(投)
7. YOICHI(三)
8. YORI(遊)
9. しまたけ(左)
10. 木 戸(中)

初回、先発こがから、ゆうき、加藤、イマジンの3連打、ガンの左犠飛、隆司の左越2塁打、YOICHIの中犠飛、YORIの右安で5点を先制。(4点と記録されていましたが、スコア上は5点入っているので修正します)
3、4回に集中打で逆転されるも4回にエースからゆうきの二遊間を抜ける右安、イマジンからの3連打、と押し出し四球で2点を取って同点とするも代わったふみひとにYOICHI、YORIが抑えられ、しまたけからの最終回も三ゴ、遊飛、三振でゲームセット。
結果はともかくひさしぶりのゲームを怪我なく楽しめた1日だった。

<タイトル>
首位打者 隆 司 .571
本塁打王 該当者なし
打点王  隆 司 3
     イマジン 3
最多勝  YOICHI 1
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rockwells.blog6.fc2.com/tb.php/166-4bbd7b40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。